脊柱管狭窄症|堺市東区で整形外科をお探しなら 小野クリニック 初芝駅より徒歩1分|肩こり 腰痛 など

小野クリニック
南海電鉄高野線 初芝駅 東へ徒歩1分 Tel072-288-1616

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは

脊椎の中央にある脊柱管が狭くなり、その中を走っている神経が圧迫されることによって、痛みやしびれが引き起こされる疾患です。好発年齢は50~80歳くらいの中高年で、女性より男性に多い傾向がみられます。

なお脊柱管とは、椎体、椎弓根、関節突起に囲まれた管状の細長いトンネルのような空間で、そこを脊髄中枢神経が通っています。主に加齢が原因で、背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなったりすることによって神経の通る脊柱管が狭くなり(狭窄)、そのことで神経、および神経に伴走する血管が圧迫されて神経が障害され、脊柱管狭窄症は発症します。この障害により発生する痛みを末梢神経障害性疼痛といいます。

このように脊柱管の狭窄は老化現象の一つではありますが、年をとれば多かれ少なかれ、脊柱管は狭くなってきます。したがって高齢者に多くみられる現象ではありますが、このほかにも、若い頃に重労働や重いものを持つ職業で無理をした人、何かで腰を痛めたことのある人などにも起こりやすいことが知られています。

よくみられる症状ですが、頸椎や腰椎に多く起こります。頸部(脊柱管狭窄症)の場合は、腕から手指にかけての強い痛みやしびれ、腕の重だるい感じ、手指に力が入らずによく動かせない、などの症状が起こります。腰部(脊柱管狭窄症)の場合は、腰の神経の通り道が狭くなることで、腰の重い感じや痛み、脚の痛みやしびれなどを引き起こします。間欠跛行もよくみられます。このほか、残尿感や股間部の違和感、異常勃起などが生じることもあります。

検査と治療について

患者様の訴えや症状などから脊柱管狭窄症が疑われる場合、検査としてX線撮影が行われますが、より詳しい診断をつけるためにはMRIや脊髄造影などが必要になることもあります。

主な治療法につきましては、コルセット(サポーター)の着用、神経ブロック注射、リハビリテーション(温熱療法や腰椎牽引といった物理療法)、脊髄の神経の血行を改善する薬や鎮痛薬、筋肉弛緩剤の内服などが行われます。これらの治療法で改善効果が見られず、歩行障害が進行して日常生活に支障をきたしている場合は、脊柱管を広げて神経の圧迫を除去する手術が検討されます。